このページの先頭です

製造業の転職理由|面接時のポイント・おすすめの例文についてご紹介!

29views

投稿日:

製造業とは、専門性が強い職場という特徴があり、勤務時間の交代制やラインによる繰返し作業のイメージも強いですね。また、ライン作業では非正規社員が多いことも特徴といえるでしょう。実は、転職理由もそれらの特徴に関係することが多いようです。

製造業はどんな転職理由が多いの?

製造業は転職が多い職場だといわれています。
新入社員が続かないため若い職人が育たないという会社も多いようです。なぜでしょうか?

先輩からの嫌がらせ

製造業とは、専門知識や専門技術がモノをいう職場です。熟練工や職人と呼ばれるベテラン社員が多いのも特徴でしょう。
そのため、入社したての社員がベテラン社員から「最近の若いものは…」というような、嫌がらせ口調で対応されることが少なくありません。

ベテランからすると技術を磨くための励ましのつもりでも、新米社員から見ると嫌がらせと捉えることが多いのでしょう。
製造業では、入社してもすぐに退職する社員が多いため、若い技術者が育たないという悩みを持つ会社が多いようです。

嫌がらせが退職理由になるのは、意思の疎通がはかれていないのかもしれません。励ましのコトバを嫌がらせと捉え、悩むと次は「根性がない」と、しかられる…。まさに、悪循環を繰り返しているのかもしれません。

肉体的限界

肉体的な条件も厳しい職場といえるでしょう。
2交替制や3交替制の作業も多いため、体調を崩す社員が少なくないのです。
人間の生活にはリズムがあり、一定のサイクルを規則正しく繰り返すことが大切になります。

深夜に仕事をする場合でも、それなりの規則正しさを維持すればよいのでしょう。
ところが、若いと無茶をするケースが多いのです。
たとえば、早朝に勤務を終えて帰宅後、本来であれば眠るところを友人からの誘いがあれば、そのまま遊びに行くケースなど。

無茶が続くと肉体的にも精神的にも、だんだんと限界に近づくのは仕方ありません。
製造業が体に厳しいというのは時間の使い方が上手くないということも考えられます。
しかし、働く側から見ると肉体的に厳しいとして転職理由になるのでしょう。

給与への不満

製造業の雇用形態は、さまざまなケースがあります。正社員よりもアルバイトやパート社員が多いのが一般的です。
さらに、アウトソーシングによる請負社員も少なくないでしょう。正社員としての採用が少なければ、当然給与面での不満も転職理由になります。

製造業でも、設計部門であれば一般的に正社員も多く給与も安定しているのですが、ライン作業になると、非正規社員が大半を占めてきます。深夜勤務を含む不規則な労働であるにもかかわらず給与が少ないと感じても無理はないかもしれません。

会社の将来性

製造業とは、生産の現場での仕事なので、仕事の量が把握しやすいという特徴があります。たとえば、「最近はBラインがストップしていることが多いな」などのように仕事量の動きが見えやすいといえます。

会社の景気の良し悪しがわかりやすいのです。明らかに仕事の量が減少してくると仕事に力が入らなくなるのも仕方ないかもしれません。
したがって、会社の将来性に対する不安が転職理由となるのです。

教え方が不親切

製造業においては、さまざまな転職理由があります。
しかし、なかでも多いのが技術を覚えることに挫折するケースではないでしょうか?
熟練工の中には、「仕事は見て覚えるものであり、教わるものではない」という考え方の人が少なくありません。

つまり、教え方が不親切なのです。
現在のようなマニュアル全盛の時代にはマッチしない指導方法といえます。
見て覚えるためには、我慢や努力が必要でしょう。若い人にはNGといえますね。

【製造業の転職理由】面接時の伝え方のポイントについて

面接時のときに転職理由をどのように伝えるかで、面接官に与える印象は大きく変わります。
では、面接のときに好感が持てる転職理由の伝え方をご紹介しましょう。

ポジティブな言葉に言い換える

面接時に大切なことは、転職理由や志望動機をいかにポジティブに伝えるかです。
後ろ向きの社員を欲しいと思う会社は存在しません。

しかし、志望動機をポジティブにするのは簡単なのですが、転職理由は難しいでしょう。
そこで、面接のコツとして、ネガティブな転職理由をポジティブな志望動機に言い換える技術を身につけてください。

たとえば、転職前の会社で能力を認められなくて辞めたのであれば、転職後の会社であれば能力を活かせる土壌であることを伝えるのです。

具体的な業務内容を織り交ぜよう

製造業とは技術職です。採用するときに過去にどのような技術を身につけてきたのかを採用基準にすることも少なくありません。
面接では、経験してきた仕事を具体的に伝えることが必要です。

たとえば、前職の経験を伝えるときに、単に「○○作業をしてきました」と伝えるのではなく「○○作業の中の○○については、好きな作業なので積極的に対応してきました」と伝えるのです。
面接での採用基準に積極性は欠かせません。

家庭環境やライフスタイルに触れる

家庭環境やライフスタイルが転職理由の場合もあるでしょう。
たとえば、交替制の職場で仕事をしていたが家庭を持ったことにより、通常の時間帯の勤務体制の職場への転職を考えるようなときです。

ポイントは、製造業の仕事が好きなので、将来的に長く続けるための転職であることをアピールすることです。
現在の交代性が体に厳しいとか、もっと楽をしたいというような伝え方は避けたほうが賢明でしょう。

【製造業の転職理由】こんな伝え方はNG!!

製造業に限ったことではないのですが、ネガティブな伝え方は避けましょう。
面接官が好むのは、間違いなくポジティブな応募者です。
特に人間関係のトラブルが転職理由と伝えるのはNGです。
社会に適応できない人物と捉えられる可能性が高いでしょう。

また、健康面でも注意が必要です。前職の労働が体に厳しかったと伝えると「体力的に問題があるのでは?」と判断されるかもしれません。現実として会社が欲しいと思うのは、健康な社員でしょう。肉体的にも精神的にも強さをアピールするのがおすすめです。

さらに、給与への不満もNGです。応募の動機が「お金」と思われるでしょう。面接官の採用意欲が高まる動機とは思えません。給与が高いから応募したのであれば、他社に給与の良いとことがあれば再び転職する可能性を感じるからです。

製造業の転職理由★おすすめの例文についてご紹介

面接で伝えなければならないのは、仕事に対する積極性や具体的な経験です。
製造業の面接でのアピールは、自分の意志の強さや考え方を伝えるよりも、会社にとって役に立つ人材であることを前面に出しましょう。

例文
前職では、○○分野の△△作業を担当しておりました。特に△△作業につきましては、興味深く対応してまいりました。△△作業について、自分自身のスキルをさらに磨きたいと考えておりましたが、前職では現状で十分だとのことでした。そのような折に、御社の求人を拝見いたしました。御社は、○○についてのエキスパートといえる企業です。△△作業であれば自信を持って対応できると思います。

まとめ

製造業とは、一般のデスクワークと異なる特徴の多い業種です。その特徴からくる転職理由が多いような気がします。
しかし、一度身につけた知識や技術は一生物でしょう。転職するときにも有効です。

これから製造業への転職を目指す人は、とにかく知識や技術が身につくまで辞めないことが大切なポイントといえるでしょう。