このページの先頭です

給与が低いことを転職理由にするのはマイナスな評価を受けやすい?

65views

投稿日:

給与が低いから転職したいと考えている人は少なくないでしょう。
しかし、面接のときに「給与が少ない」を転職理由とすることができるのでしょうか?
また「給与をUPしたいから」と伝えることはOK?

今回は、面説のときに給与のことを持ち出すことで面接官にどのような印象を与えるかをご紹介しましょう。

給与が低いことを転職理由にするのはNG?

面接のときに転職理由として給与などの待遇面について不満を口にするのは避けたほうがよいでしょう。待遇面での不満は、応募した会社でも起こる可能性があります。面接官は、採用者が再び転職することを嫌がるのです。

給与を転職理由とすることがNGとまでは言い切れないのですが、給与とは働きに応じて支払われるものという前提があります。給与を転職理由とするのであれば、面接官を納得させる具体的な説明が必要でしょう。

ところで、面接という限りある時間のなかで「給与の低さ」というネガティブな内容に時間を割くのは、もったいないのではないでしょうか?他の応募者は、ポジティブな志望動機を伝えているはずです。

面接官が知りたいのも「なぜ当社を選んだのか?」とういう志望動機です。面接では、ポジティブさや積極性を意識しなければなりません。面接時、話のメインとして「給与の低さ」というネガティブな話をするのはマイナスだといえるでしょう。

転職理由に「給与をUPしたいから」と伝えるリスクとは?

給与をUPしたいからという欲求は誰にでもあるはずです。面接官に伝えることにそれほどのリスクはないでしょう。なぜなら、面接官にしても稼ぐ気のない社員は必要ないからです。応募者には「バリバリ働いて給与をUPさせたい」くらいの意気込みが欲しいでしょう。

しかし、ただ単に「給与をUPしたい」と伝えるだけではいけません。具体的な説明が必要でしょう。面接官は「どうして給与をUPさせたいのか?」と質問してくるでしょう。そこで、具体的な目標を伝えることができなければ、どうしようもありません。

面接では、目標を持っていることを伝えることがポイントになります。目標達成のための強い意思を伝えることで、面接官が「なるほど」と判断すれば、採用は近づくでしょう。なぜなら、目標があるのとないのとで頑張りが違ってくるからです。

また、仕事には辛いときや苦しいときがあるでしょう。しかし、そこで踏ん張れるかどうかも、しっかりとした目標の有無ではないでしょうか?明確な目標を伝えることは「頑張れる」ことや「踏ん張れる」ことをアピールすることになるのです。

【転職理由】給与の低さをポジティブな表現に言い換える方法

給与の低さを転職理由とするときは「給与の低さ」で辞めたというネガティブな内容をポジティブな内容に言い換えなければなりません。なぜなら、面接官はポジティブな応募者に好感を持ちます。面接では、面接官にどれだけ好印象を与えるかが勝負です。

ポイントは、面接官をどれだけ納得させる説明ができるかです。たとえば、応募した会社に業績給が設定されているのであれば、志望動機として自分の夢や目標のため稼げる可能性が高いところに魅力を感じたことを伝えればよいでしょう。

前職が業績に応じた給与体制でなかったのであれば、働きに応じた給与体制の会社で仕事がしたいとポジティブに伝えましょう。前職での実績のアピールにもつなげることができます。面接官も自信のある応募者には興味を持つはずです。

給与をUPしたいという考え方は、決してNGではありません。大切なのは面接官に対する伝え方です。転職理由というネガティブな伝え方ではなく、志望動機というポジティブな伝え方に言い換えるのが面接のコツになります。

給与に関連すること以外で評価されない転職理由

転職理由として、ネガティブに「給与が低い」というのは避けたほうが無難です。一般的に、転職理由を直接伝えるとネガティブになる可能性が高くなります。そこで、給与以外の転職理由として評価されない内容をご紹介しましょう。

人間関係

人間関係のトラブルを転職理由にするのは、ネガティブさでいうと究極といえます。採用の可能性は、ほぼ消滅するでしょう。どこの会社にも人間関係は存在します。気の合う人もいれば、気の合わない人もいるでしょう。

会社で必要なのは我慢を覚えることです。転職理由として人間関係のトラブルを持ち出すことは「他人と上手くやれない」と伝えているのと同じでしょう。自分が正しいとか正しくないとかは重要ではありません。他人に我慢できないことに問題があるのです。

そもそも、会社とは他人が協力し合って目標に向かって進んでいくものです。そのなかに、トラブルメーカーになる可能性の強い人を入れる必要があるでしょうか?面接官にとって、人間関係の転職理由は、単なる「グチ」でしかないことを把握しておきましょう。

仕事がつまらない

誰でも「ヤリガイ」のある仕事に就きたいものです。しかし、運悪く「つまらない」仕事についてしまうこともあるでしょう。しかし、転職理由として「仕事がつまらない」はNGです。

どのような仕事でも、世の中に必要だから存在しているのです。つまり「ヤリガイ」を感じるかどうかは、はなはだ個人的な問題でしょう。会社の考え方として、つまらない仕事なんてありません。どのような仕事でも、ヤリガイを感じて働いている人はいるのです。

面接官は「前職でヤリガイを感じることができなかった応募者が、自社でヤリガイを感じることができるだろうか?」と感じます。他人のものがよく見える「隣の芝生は青い」的な考え方の人と判断されるのです。

残業が多い

残業が多いということは、会社が忙しいということでしょう。それを否定するような社員に好感を抱く面接官がいるとは思えません。最近は過労死などが問題になり、労働条件については厳しくチェックされています。

しかし、中小企業などでは、まだまだ労働条件について整備されていないところも少なくありません。残業が多すぎると感じることもあるでしょう。しかし、その場合、法律で認められている残業時間を超えているかどうかが面接でのポイントになります。

法律に違反しているような場合は別にして、比較的残業時間が多い程度であれば「残業が多い」というのは仕事に対するネガティブさと判断されるかもしれません。面接官の立場として「残業もバリバリやります」という応募者とどちらを選ぶかということです。

会社の将来性に不安がある

会社の将来性に対する不安を転職理由にするのであれば、面接官を納得させるために具体的なデータを示さなければならないでしょう。
なぜなら、面接官が「なぜ、会社の将来性に不安があると思うのか?」と聞いてくる可能性が高いからです。

会社にも経営状態の良いときと悪いときがあるでしょう。会社が必要とする社員とは、会社が悪いときに頑張ってくれる社員ではないでしょうか?会社の調子が悪いと、さっさと逃げ出すような社員が欲しいとは思いません。

まとめ

前職で給与が低かったことを転職理由にするのは避けましょう。給与を転職理由として伝えるのは面接官にネガティブな印象を与えるからです。面接では、ポジティブな表現に言い換えなければなりません。

面接時に給与の話を伝えるのであれば、前職の給与が低かったから辞めたという「転職理由」ではなく、この会社で稼ぎたいから応募したという「志望動機」に言い換えるようにしましょう。