このページの先頭です

転職理由を企業が聞くワケとは?転職理由の考え方とまとめる方法

48views

投稿日:

どうして企業の面接では転職理由を聞くのでしょうか

仕事を辞めることになり、転職活動をすることになった場合、まずは求人を探すことから始めますよね。インターネットなどのメディアのおかげでハローワーク、転職サイト、転職エージェント、折込広告、フリーペーパーなど多くの求人を探すツールがあり、それを気軽に使用することができるようになりました。

そしていざ応募となれば、まずは履歴書と職務経歴書を提出し書類審査をするのが一番よくあるパターンです。そのあと、適性検査を行う企業もあります。適性検査は新卒採用では多いですが、中途採用だと適性検査はないことの方が多いです。そして最後は面接です。面接では聞かれる質問っていろいろありますが、どこの企業であってもほぼ間違いなく聞かれる質問っていうのはいくつかあります。新卒採用であれば

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 学生時代にがんばったこと

の3つです。
が転職活動での中途採用の面接であればよく聞かれる質問は若干異なり

  • 志望動機
  • あなたの強み
  • 前職の退職理由

などがよく聞かれます。

この「志望動機」と「前職の退職理由」は一言で言うなら「転職理由」です。この「転職理由」に対する回答は面接の合否に大きな影響を与えます。

つまり転職理由は悪い印象を持たれる内容であれば不合格になるし、良い印象を持たれる回答であれば合格になるくらい、とても大事な質問なのです。

まずどうして企業の面接担当者は転職理由を聞くのでしょうか。

1つ目は企業の採用担当者は企業での適応力をみます。
採用担当者が働く企業の環境や人間関係、仕事内容を考えたときに、適応し、活躍できるかというイメージをします。そこで適応できるイメージを持ってもらうことが大切です。

2つ目はストレス耐性をみます。
企業での人間関係や職務内容には少なからずストレスは発生するはずです。そのストレスに耐えることができ、継続的に働けそうかどうかを見極めます。

3つ目はその会社への理解度や思いをみます。
会社のことをきちんと理解できていてそのうえで応募できているか、本当に内定を出したら入社してくれるのかなどをみます。

内定を出したにもかかわらず入社を辞退されるということは採用担当者としてあってはならないことなので、できるだけそれを避けるようにしたいのです。ですので、転職理由の志望動機を聞く中で、会社のことをきちんと調べているか、本当に入社したいと思ってるかの本気度合いをみています。

では転職理由を聞かれるとどう答えればいいのか

ポジティブな理由

退職した理由をネガティブな内容のみで答えることはよくありません。「〇〇が嫌だから辞めました」だけで終わらすようなことは避けましょう。言い方を変えて、「より〇〇を実現したいと思い退職しました」というような答え方をしましょう。

嘘がばれる内容は絶対NG

嘘を面接で言う人もいます。嘘は基本的にはよくはありません。入社してから、実はこうだったという詐称をするのは解雇事由に該当することで、試用期間で雇用契約を切れてしまうなんてこともありえます。

また、面接時に転職理由を説明した際にはそこから採用担当者は掘り下げて質問をしてくることが多いです。掘り下げて聞いていく中で、採用担当者に「嘘をついているな」と思われてしまったら、それはかなりの悪印象です。

採用担当者は大抵今までに何人もの面接をしてきて、毎回同じ質問をしています。ですので、応募者の言っていることが嘘であることを見破ることにも長けています。そのへんは注意しましょう。

前職にはなくて、応募する企業にはある内容

志望理由を説明する際には前職にはないが、応募する企業にある内容でないと採用担当者は「なんで退職し、うちを受けたの?」となってしまいます。反対に前職を辞めた理由を説明するときは応募する企業には該当しないものでなければいけません。

例えば「上司とうまくいかなくて」と説明するのでは、採用担当者に「うちの会社も難しい上司がいるけれど大丈夫なのだろうか」と思ってしまえば、採用も難しくなりますよね。

本音の理由がまずい内容であるならば、それは伏せておきましょう。そしてコアではないが、内容としては問題がない転職したいと思った理由を伝えるのが望ましいです。

転職したい一番の理由ってあまりよい印象をもたれないだろうなっていう内容であることもあると思います。前の職場が「残業代がでないから」とか「休日が少ないから」とか「仕事がハードでついていけないから」などあまり面接で言うといい印象をもらえないものはあります。そういったものは説明をすることは避けた方がいいです。

転職理由って一つだけでない場合が多いです。複数の理由があってトータル的に考えたときに転職したいと思うことが多いです。ですので、転職理由を説明するときは複数の理由のもっとも大きな要因(コア)を説明したらいいのではなく、良い印象を持たれるものを説明しましょう。

それがもし、転職理由の小さな要因であっても要因の一つに変わりないのだから嘘にはならないですよね。「より自分がしたい仕事ができるから」とか「自分自身をもっと成長させたい」などといったポジティブなものや、「転居をしなくてはならなくなったから」「結婚や両親、育児の事情」といった仕方がない理由なんかを説明すると採用担当者は悪い印象を持たないでしょう。

年齢や立場、応募職種などの条件よって使い分けることも大切

もし応募者が20代と40代の2人がいる場合、採用担当者としては、第一印象も違えば求める人物像も異なります。未経験歓迎の求人と、管理者候補の求人では採用担当者は求める資質も異なります。

といったように、自分自身の年齢や立場、応募する求人の職種や労働環境などの条件を客観視して、どんな人物が求められているのかを考えてから、履歴書と職務経歴書を作成し、面接に望むことが成功の要因となります。

例えば40代であれば、どのような求人に対してどう転職理由を説明するのが望ましいでしょうか。転職は35歳までと言われています。35歳を超えると未経験の職種での転職は厳しいです。というか35歳を超えても未経験でもOKという求人はあるのですが、人手が足りていない不人気の業種の福祉、サービス業などが多く、その中でも給料が安いか労働環境が良くない求人が多いでしょう。

40代であれば経験がある仕事内容の求人が望ましいです。そして転職理由として、「これまでの実務経験を活かして、よりキャリアアップしたい」といった理由であれば転職が難しいと言われる40代であっても成功に近づけるでしょう。

転職理由を言葉で伝えられるよう事前にまとめておきましょう

転職理由(志望動機や前職の退職理由)や自分の仕事における強みというのは、ほぼ間違いなく聞かれます。ですので、あらかじめ、それらの質問への回答を考えておきましょう。

面接でもですがビジネスでも説明をするときに大切なことはまず結論から伝えることです。そして説明が短すぎてもいけないし、長すぎてもいけません。

丁度良い長さであることが必要です。結論から伝えることや、ちょうどよい長さの説明をすることは、相手にも伝わりやすいし、働くうえで大切なコミュニケーション能力もアピールすることができます。転職理由の質問への回答はあらかじめ台本を作っておきましょう。

ただ、それを棒読みするのはNGです。不自然になりますからね。面接本番では台本をベースに自分の言葉で伝えるということが大切です。

また、履歴書、職務経歴書には前職の退職理由や志望理由を記入することができます。説明が苦手だったり、緊張してうまく話せない可能性がある人なんかは履歴書や職務経歴書に記入しておきましょう。

そうすることで採用担当者は目を通しているので、採用担当者の方からその記入内容に触れてくれたり、うまく説明できなくても採用担当者がアシストしてくれることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。