このページの先頭です

【人間関係が転職理由】面接時の説明で注意したいポイント

36views

投稿日:

あたかも相手が悪いかのように説明しない

人間関係が理由で転職しようとしている場合、人によっては、たとえば嫌な人から意地悪をされたり、あるいはいじめのような子供じみたことをされてしまって、そのせいで転職活動をしているという方もいるかもしれません。その場合、やはり転職の理由を聞かれた時に、一方的に相手が悪いように言ってしまいがちになるでしょう。確かに、実際に悪いのはその相手になります。

なので、一方的にその人が悪いという風に述べても間違いではありません。ですが、これは別に取り調べではなく、転職時の面接での話になります。転職時の面接では、たとえこのように一方的に相手が悪い時でも、相手が悪いという風には説明しない方が良いです。

悪口はどのような場合でも印象が悪くなる

悪口と言うのは、転職活動の場合では、どのような場合でも印象が悪くなると思った方が良いでしょう。

たとえば転職前の会社で、異常に残業が多かったとしても、それを悪口として伝えてしまうと、悪いのは転職前の会社なのに印象が悪くなるのです。それは人間関係でも同じことです。なので基本的には悪口は言わないようにして伝えるのが、転職の面接で、人間関係が理由で転職すると伝える時の伝え方になります。

悪口にならないように伝えるにはどうしたらよいか

でも悪口にならないように、転職理由が人間関係であることを伝えるにはどのようにしたら良いでしょうか?
そのためには、こちらの悪いところも述べることです。

たとえば誰かにこんな風にされたことがあった、と言うことを伝えたとしても、その後で、でもそれは自分にこんなところがあったからかもしれないと今では思っているということを伝えるのです。

すると一方的な悪口ではなく、こちらの悪いところも見つめ直して向上しようとする姿勢が見て取れるようになるので、印象が良くなるのです。一方的に悪口にならないようにするには、こう伝えるのが良いでしょう。

努力した点を述べる

人間関係が理由で転職をする時に、面接でソレを伝える際には、その人間関係の改善のために努力した点を述べるということも大切になります。

人間関係が理由で転職をする時には、なんらかの努力をしていないと、やはりただ嫌なことから逃げたと思われてしまいます。それは当然ながら印象がすごく悪くなるでしょう。だからそうなることを避けるためにも、人間関係の改善のために努力した点を述べるのです。

逃げたと思われるとまた逃げると考えられてしまう

もし、人間関係の改善のために努力をしないで、ただ嫌なことから逃げたと思われてしまうと、もしこの人を採用しても、また少し人間関係で嫌な事があれば、どこかへ転職してしまうのではないかと考えられてしまいます。転職の面接で人を採用する時に重視しているのは、その人はもう転職をしないかということでもあります。

中途で人を採用するならば、40代50代、そして定年まで勤めあげてもらえないとわりに合いません。なので、もう転職しないかどうかを重視しているのです。しかし、このように人間関係で少し嫌なことがあると逃げ出してしまうと思われているような人が、40代50代までその会社にいてくれるとは思えないでしょう。どんな会社でも、1人2人はあまり性格的に合わないなぁと感じる人はいるものです。

そんな合わない人は、会社の規模が大きくなり、会社に人が増えれば増えるほどに増えていきます。だからちょっと人間関係がうまくいかないからとすぐに転職しているような人は、どこの企業においても、またすぐに転職してしまうと考えられてしまうのです。

しかしもし努力した点を述べていればどうでしょうか?努力した点をしっかりと述べていれば、少なくとも頑張れる人物であることは伝わるので、印象はだいぶ変わります。

次の企業で努力したい点も述べる

転職理由が人間関係の時には、前職でこんな風に努力をしたけどダメだったということを伝えるだけではまだ弱いです。それだけではなく、次の企業で同じように人間関係のトラブルにならないように、こんなことに気を付けていきたいということを伝えることも大切になります。

たとえば、前の企業ではこんな風に努力したけどダメだったと伝えるだけでは、ではまた転職先で同じようなトラブルになったらどうするのですか?と言う話になります。もちろん同じような努力をしてもうまくいかない可能性は高いです。そんな風にまたうまくいかなくなってしまうと、その時にはまた転職してしまうのではないかと思われてしまうのです。

しかし何度も言う通り、転職の面接では、その採用した人がまた転職しないかどうかと言うことをすごく重視しているわけですから、そう思われてしまうのは困ります。だから、次にはどんな風に努力をしていくつもりなのかということを伝えないとならないのです。

努力できる点をたくさん見つけておく

そのためには、たとえ相手が一方的に悪い場合であっても、自分なりに努力できる点を探しておく必要があります。たとえば、別段用がなくても積極的に相談しようとして、コミュニケーションの時間を増やすとか、あるいは朝しっかりと気持ちの良いトーンで挨拶をするように心がけるとか、そういう初歩的なことでも問題ありません。なので、いくつか用意しておくのが正解になります。

なるべく具体的に説明する

人間関係が理由で転職をする時には、なるべく具体的にその人間関係について説明する必要があるでしょう。人間関係が理由とだけ言われると、やはりその度合いが全然伝わりません。人間関係が理由とは言っても色々な度合いがあるものです。

たとえば、先述のように陰湿ないじめにあっているというようなパターンもあれば、あるいはただある人の高圧的な態度が嫌で転職しているということもあるでしょう。前者と後者では、やはり印象も全然違います。

だからもし、人間関係が理由とだけ説明していると、本当は前者のような状況であっても後者のような理由で転職していると思われて、損をしてしまう可能性も高くなるのです。それでは転職は成功しません。

そんな損をするのはもったいないので、人間関係のどこがどういう風にダメだったのかは、具体的に説明していきましょう。

具体的に説明すると他の注意とつなげやすい

また、具体的に説明をすると、他の注意とつなげやすいというメリットもあります。たとえば、誰かの悪口を一方的に言うのではなく、自分の悪いところも伝えるようにするには、やはり人間関係でどういうことがあったのかを説明していないと難しいです。

でも逆に、こういう理由で人間関係に限界を感じたけれど、それはやはり自分のこういうところも悪かったからだと思う、でも今の企業ではこういう風に努力をしても修復することができなかったから、次はこういう風に工夫をしていきたいという風に説明すると、すべてが簡単に繋がるようになります。

すると当然話自体も分かりやすくなり、印象が良くなります。

そして、転職が成功しやすくなると言えるでしょう。また、そうして話が分かりやすくなれば、転職の面接でソレを伝えるだけではなく、履歴書などでもソレを説明することができるようになるでしょう。

もちろん履歴書には書いても書かなくても良いですが、書いておけば面接でのその転職理由の説明もしやすくなりますし、それを履歴書に書いても面接までいけるのであれば、その時点で印象は悪くないということになりますから、より話しやすくなるでしょう。なので、書いておくのもアリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。