このページの先頭です

確実にUターン転職を成功させる転職理由はコレ!※例文あり

14views

投稿日:

地元に帰りたい!そんな思いで転職活動をしている方必見です。

Uターンを理由とした転職活動には転職理由の伝え方にコツがあります。
地方にUターン転職をする場合、かかる交通費もバカにはなりません。確実に面接官を納得させることができる転職理由を伝えましょう。

【Uターン歓迎】地元に帰りたい!というだけでは転職理由としては弱い

Uターン歓迎という求人は結構な数がありますが、単に地元に帰りたい!というだけでは転職理由としては説得力に欠けてしまいます。
なぜならば、Uターンをしてまでも現在している仕事を退職して、どうしても地元でなければならない理由というのが説明できなければいけません。
そのことを頭に入れながら転職理由を伝えるようにしましょう。

Uターン転職希望者は、どうして地元に帰りたいのか、なぜ志望する転職先で仕事をしたいのかを面接官に伝える必要がある。

Uターン転職希望者がなぜ地元に帰って仕事をする必要があるのか、というところに面接官は最も興味があります。
地元企業というのは基本的に採用を地元の人間で採用充足しようと考えている企業が大半です。

例外としてよほど過疎な地域で、Uターン転職者を狙って採用していかないと人手が補充できないような地域の会社であればこの限りではなく、単にUターン転職を戦力補充の一環として行っている場合もありますが、圧倒的にUターン転職者に求めるものは、地元の人間では思い浮かばないような発想をできるような、地元の人間では知りえないだろう情報や考え方を持っている社員が欲しいのでUターン転職希望者を確保するのが目的です。

つまり、会社側の採用意図としては2種類にパターンが類別されるということです。

  • 人が採用できないから、Uターン転職者を確保したいという企業
  • 地元採用で十分だけれど、スキルの高い人材であればUターンしてくる人材を確保したいという企業

そのため、単に転職理由として地元に帰りたい、というものではなく、より転職理由が納得できるものにするためには、しっかりと自分自身の将来のビジョンややりたいことをするためという前向きな理由を求められる企業もあるということです。

若い転職者なら年配の転職者に比べて問題になりにくいですが、ある程度の年齢の人がUターン転職を希望する場合、親の介護などの問題などがないのかなどを知りたいという会社が多いです。
もちろん、大半の会社で介護休暇は取得可能となっていますが、転職していきなり介護で休職をしてしまうとなると、戦力が欲しい会社にとっては痛手となってしまいます。

そのため、転職理由にはよりポジティブなものが必要となってきます。
しかし、それと同時に本人ではどうしようもない理由での転職理由も有効となってきます。

よりポジティブに地元でどうしてもやりたいことがあるのでUターン転職するのか。
それとも家族などの問題でUターン転職をするのか。
もしもどうしても地元でやりたい仕事をする、あるいはしたいというのであればポジティブに転職理由を考える必要があります。

家族などを理由にして転職をする場合は、転職理由は家族の理由+αで自分自身がなぜ転職したいのか、転職した後は転職先の会社で何がしたいのかを伝える必要があります。

Uターン転職で有効な転職理由とは何か?

Uターン転職活動の転職理由として、自分ではどうしようもできない転職理由が最も面接官の共感を得ることができます。

Uターン転職の転職理由作成のコツは3つです。

  1. 自分ではどうしようもできない理由orどうしても地元でやりたいことがあることを論理的に説明する。
  2. 経験を活かして活躍したいという気持ちがあることを伝えること。
  3. 地元で自分が働くことで会社や地域、自分自身にもメリットがあることを具体的に説明すること。

実際にあった、具体的な例を挙げます。
転勤の多い大企業から、転勤のない地元の中小企業に転職したい場合の転職理由です。

転勤ばかりで家族とも現在は不仲になってしまい、非常に家族に負担をかけてしまっているため、地元に帰って地元企業にUターン転職をしたいという場合の転職理由です。

私は新卒から○○年間、○○株式会社で営業職として勤めてきました。営業職という仕事柄転勤が非常に多く、家族も巻き込んでしまっている状態であり、このままでは離婚
されてしまいかねません。
転勤の多さで家族を失う可能性が現在あります。
私にとっては仕事はもちろん生活していく上で大切なものですが、家族を失っては働く意味そのものを失ってしまいます。
妻には転勤の多い会社であるということを伝えて結婚しましたが、○年に1度という非常に高い頻度での転勤があり、子供ができるまではなんとか妻も転勤に納得してくれていましたが、子供ができてからは、子供がせっかく馴染んでいる学校から転校を繰り返させることになってしまい、妻から離婚を切り出されてしまいました。
妻も私も同じ地域の出身であり、子供は地元で育てたいという妻からの強い願いがありました。
そのため思い切って転職活動をすることにしました。
ただ単に転勤がないから、という理由だけで地元企業を探して転職をしているわけではなく、これまで○○株式会社で培ってきた営業職の経験を活かし、転職後も活躍できる仕事を探して営業職として活躍できる会社を探して転職活動をしております。

この転職理由であれば、本人だけの理由で地元に帰りたいというわけではなく、どうしても家族の理由で避けられないということがわかります。
転職理由としても成り立ちますし、何よりも面接官の心に非常に響きます。Uターン転職者を人員補充の一環として行っている会社でも、他の土地で学んできたことを活かして欲しいと考える企業のどちらにでも十分通用します。
家族を理由とした転職理由は、人事にとっては本人ではどうしようもない問題として心理的にプラスに働きます。

次はやりたいことがあって地元企業に転職したい、というパターンです。
この場合は、ポジティブなキャリアアップについて前向きに転職理由を伝えることが大切です。

私は新卒から○○年間、○○株式会社で営業職として勤めてまいりました。
現在いる会社に大きな不満はないですが、仕事をしている中で地元での営業活動をしてみたいと思うように
なりました。特に現在いる会社では取引先との関係が固定化されており、プレッシャーが少ない反面、物足りなさを感じてしまっています。
また慣れない東京で勤務していることもあり、仕事での人間関係も少し希薄さを感じております。
私が幼少期のころより過ごした土地での地元密着の企業であれば、物足りなさや希薄さよりも地元に自分が頑張った結果が還元されていき、私自身も満たされるものと確信しております。
両親はまだまだ元気なので、介護の心配はありません。また、私が帰ることで両親も喜んでくれるということもあります。
私がこれまで営業職として培ってきた東京での営業の経験を糧に、地元密着の企業での仕事を探して転職活動をしております。
よろしくお願いいたします。

東京で勤務していて、地方に転職活動をする理由で面接官の心に最も響くのは、「地元で仕事をすることで地元を元気にしたい」「地元で慣れた土地なので思いきり活躍ができる」という理由です。
転職後にイキイキと働いてくれるイメージを持てるので、面接官も安心します。

まとめ

地元企業へのUターン転職をするために転職活動をする場合、企業としては2種類のタイプがあることを認識しましょう。
過疎な地域でUターン転職者を狙って採用していかないと人手が補充できないような地域の会社でUターン転職を戦力補充の一環として行っている企業とUターン転職者に地元の人間
ではできないような経験をしてきた人材を採用したい企業という2種類のタイプです。
それぞれのタイプ別に転職理由の答え方が違いますので、両方のタイプに対応できるような転職理由をこのコラムをベースに組み立ててみましょう。