このページの先頭です

不動産業に多い転職理由は?面接に通る例文についてご紹介!

不動産業界に勤めている人に多く見られる転職理由を確認して、面接時に採用されるためにデメリットとなる転職理由を記載します。
合わせて、不動産会社の面接に通りやすい転職理由についても例文をご紹介しましょう。

不動産に多い転職理由とは?

不動産会社に勤めている人に多い転職理由とは、どのようなものでしょうか?
現場からの声として、代表的な5つの転職理由をご紹介します。

1.営業ノルマが辛い

不動産業界での営業は、ノルマがキツいといわれます。
もちろん不動産会社によりノルマの量は異なりますが、営業力を問われる業界であることは間違いありません。
一定のノルマに達しなければ辞めなければならなくなる場合もあります。

ノルマを達成しなければ退職しなければならないとは定めていなくても、達成しなければ上司からのパワハラを受けるなど、自己都合退職しなければならなくなるほど追い込まれることもあるようです。

ノルマを達成することは、数字のみの判断になります。どのような過程で仕事をしているかは、ほとんど無視されているようです。いくら努力しても数字に表れないと評価されません。当然、モチベーションの低下につながり転職理由のひとつとなります。

2.給与が低い

不動産会社では、歩合給の占める割合が多いため、給与の額を上げるためには成績をあげるしかありません。
基本給だけだと20万円を切る場合も少なくないのです。
家族を養わなければならない人にとっては厳しい金額でしょう。

もちろん、成績さえよければ歩合も増え、50万円や100万円といった給与を支給されている人もいるでしょう。
しかし、コンスタントに高額の給与を獲得しているのは一握りの営業マンに限られるのではないでしょうか。

営業職の場合は「みなし労働時間」という制度が利用されることが多いため、残業時間が時間外としてカウントされないケースがあります。
毎日遅くまで働いていても成績につながらなければ給与は上りません。やはり、転職理由になるでしょう。

3.休日・プライベートが少ない

不動産営業とは、休日が少ないためプライベートの時間を楽しむことが制限されます。
プライベートが充実しない仕事は、現在のライフスタイルの考え方において致命的といえるかもしれません。
最近、増えてきている転職理由になります。

では、なぜ休日が少なくなるのでしょうか?
営業職とは、営業する相手がいて成立します。
したがって、基本的に相手の都合で日程を組む必要があるのです。
平日が都合のよい相手もいれば、土日が都合のよい相手もいるでしょう。

たとえば、高額の商談が休みの日に入ったとすればどうします?
休み返上で駆けつける営業マンでなければ成績は上りません。
「そういえば今月は、まる一日休んだ日がなかったな…」ということにも。
プライベートの充実なんて望めないケースが少なくありません。

4.クレーム対応へのストレス

不動産取引とは、土地や建物という高価な商品を扱います。
取引する商品が高価になればなるほどクレームも強烈です。

たとえば、購入したての家に不具合があればどうします?
当然、仲介した担当者に苦情を言うでしょう。

特に不動産とは長期間にわたって使用する商品です。
購入者のチェックが厳しくなるのも仕方ありません。
さらに、トラブルが生じたような場合には、昼夜を問わずクレームの対応が必要になる場合も有ります。

最近は、クレーマーと呼ばれる人たちも増えてきているため、思いもよらないクレームもあるのが現実です。
さまざまなクレームに対応するストレスには、強いメンタルがないと転職理由になりかねません。

5.なかには法律に違反している不動産会社も

不動産会社は、宅地建物取引業法という法律で規制されています。
不動産取引には、法的な専門知識が必要なため、法律に詳しくない人を守るためです。

しかし、すべての不動産会社が法律を守っているとは限りません。
なかには、会社ぐるみで組織的に違法行為をしている会社もあるかもしれません。
入社した会社が、不幸にも違法行為をしているブラックな会社であれば、おのずと悪事に加担することになるでしょう。

宅地建物取引士の資格を所有していれば、悪事が発覚したときに監督処分の対象になるかもしれません。
違法行為をしている会社だと分かれば、早急に退職することをおすすめします。

不動産業の方が控えるべき転職理由について

不動産会社に勤めている人が転職を考えるときに、転職理由として好ましくないケースをご紹介します。

1.同業者からの転職であれば退職理由が採用の鍵になる

退職するときには、さまざまな理由があるようです。しかし、退職するだけではすみません。
ほとんどの人が、次の仕事を探さなければならないでしょう。
転職先で必ず質問される内容として、次のようなものがあります。

「なぜ、前の会社を退職されたのですか?」と転職理由を確認されます。
採用担当者は、採用した社員が再び退職するのではないかと心配しています。
特に同業者からの転職であれば、退職した会社と採用する会社の特徴とを重ね合わせて判断する傾向にあります。

たとえば、「ノルマがキツいから退職した」という返答が帰ってきたときに、採用する会社自体のノルマがキツければ、再び退職するのも時間の問題でしょう。採用の対象にはならないということになります。

2.早期退職も転職にはマイナスになる

不動産会社に限ったことではありませんが、早期退職の場合も「辛抱強くない」と判断されるために転職には不利になるでしょう。
転職理由の内容にかかわらずマイナスのイメージが強くなります。

早期退職というのは、退職した会社での知識や経験が何も身についていないと考えられるからです。
つまり、採用担当者が「不動産会社で営業をしていた経験がある」とは、判断しません。

特に不動産会社の営業の場合は、ノルマのキツさや休日が満足に取得できないことが多いため、早期退職に陥るケースが少なくありません。
転職先での採用を考えるのであれば注意する必要があるでしょう。

不動産業の方必見!面接に通る転職理由についての例文についてご紹介

面接官が最も嫌う応募者は、転職理由が後ろ向き(ネガティブ)だと判断できる人でしょう。
一般的に退職するときは、後ろ向きになるのが当然かもしれません。
しかし、そのまま表現すると、なかなか採用にはいたりません。

たとえば、ノルマがキツいから退職したのであれば、下記のような例文で、前向き(ポジティブ)な転職理由にすることが可能でしょう。
面接に通る転職理由とは、「後ろ向き」の転職理由を「前向き」の転職理由に変換することなのです。

以前の不動産会社では、売上第一の厳しいノルマが課されていました。
そのため、多くの件数をこなす必要があり、1件ごとの顧客に対するサービスの提供に限界を感じていました。
今後は、顧客に十分なサービスを提供することで信頼を前提としたリピート力のある営業ができればと考えています。

まとめ

不動産業界は取引価格が高額であり、また、給与のなかで歩合が占める割合が多いという特徴があります。
そのため、転職理由も厳しいノルマや業務量の多さに耐えられないといったネガティブなものが少なくないようです。

しかし、営業職としての転職の際には、特にポジティブさを演出しなければなりません。
退職するときの理由という本来ネガティブな内容をポジティブに表現できるかどうかが採用のポイントになるでしょう。