このページの先頭です

1年未満で会社を転職するときに、気を付けるべきこと

13views

投稿日:

転職して1年が経過しようとするとき、ふと退職が頭をよぎるという人は非常に多いです。
本当に辞めて大丈夫なのか不安になってしまいますよね。
でも、大丈夫、このコラムを読めば、内定をとることができます。

転職は給与が下がるリスクがある

転職するとほぼ確実にいま支給されている給与よりも給料が下がります。
日本の会社のほとんどが年功序列での給与制度を導入しており、勤続年数に応じて賃金が上昇する仕組みになっています。
転職すれば勤続年数は0年からスタートなので、当然給与は下がるということです。

現在所属している企業よりも企業規模の大きい会社に転職することができれば給与は上がる可能性もありますが、企業規模が小さい企業に転職するのであれば、給与ダウンのリスクはあります。大企業であれば元々の給与水準が高いので、給与アップできる可能性はありますが、中業企業では元々の給与水準が低い傾向にあるため、年収ダウンする傾向にあります。

給与が下がる可能性があることを念頭に置きながら転職活動をするようにしましょう。

転職しない場合のリスクは?

昨今ではメンタル疾患による休職が人事部門では問題になっています。
試用期間中にメンタル疾患になってしまう社員の方もいらっしゃいます。
結局、会社が合わないと退職されていきます。

メンタル疾患に罹患してしまうと回復するまでに長い時間がかかってしまいます。
もしも過重労働(具体的には月に42時間を超える残業が常にあるような会社)や、パワーハラスメントが日常的に行われている会社などであれば、迷わず退職をされることをおススメいたします。

過重労働やパワーハラスメントなどの問題を全く考慮しない会社はコンプライアンス遵守意識も低いため、そのような企業に将来性はないと見切りをつけることも、正しい判断です。残業が悪だという昨今の風潮を無視した企業からは転職して自分の命と身体を守ることも必要です。
健康あっての仕事です。

転職を繰り返さないようにするために、自分が本当にやりたいこと、向いていることをはっきりとさせましょう。

自分自身が本当にやりたいことは何かを真剣に考えましょう。

事務職が退屈なので、外回りの多い営業職を希望し、転職してきた方がいらっしゃいます。
事務職は給与が安かったことも大きな不満の一つでした。
しかし、ノルマによるプレッシャーの重さや、事務職のように確実な休暇が保証されない職種でもあり、ギャップを埋めきれずに退職される方もいらっしゃいます。

営業職についていて、ノルマが辛くて、事務のようなノルマのない仕事であれば精神的な負荷が下がるという考えで転職される方もいらっしゃいます。
しかし実際に転職してみると思った以上に細かい事務処理も多く、給料が安いことから辞めてしまう方もいらっしゃいます。

隣の芝生は青く見えるということが転職ではよく起こります。
退職していった社員たちを分析すればよく分かりますが、自分自身が仕事を選ぶ際に一番大切にするべき軸がないのです。

事務職

例えば事務職であれば、間接部門と呼ばれる総務人事や経理などは稼いでくる部門ではないので、給料が安くなりがちです。
その代わりに休日出勤などは滅多にないため、ライフワークバランスを重視している人にとっては良い部門です。
しかし、営業職などと比べて稼いでくる部門ではないし、間接部門にかかるお金はできるだけ削ろうとするのが昨今の流れです。

給与が高くなるわけはないのです。その代わりに、人数が少ないため出世は早いので、課長クラスに出世するのは営業職よりも早いと言えます。
そうなれば一般社員クラスの営業よりも給与は高くなります。

営業職

営業職であれば、稼いでくる部門なので当然、事務職よりも給与や賞与は優遇されていますし、インセンティブなどで事務職とは比べ物にならないくらいの給与を支給する会社も多いです。
しかしながら、給与が高いということはそれだけプレッシャーをかけられる部門です。
ノルマの未達成などは叱責されますし、顧客の要望があれば仮に休日であったとしても対応しなければなりません。
ライフワークバランスでいうとワークの比重が非常に大きいです。

それでも、この職種を経験することで自分の将来なってみたい姿に近づくことができるという前向きな動機があれば乗り越えられるものです。
単に待遇を見るのではなく、この仕事をすることで自分の将来が良くなるという、自分の本当にやりたいということがわかっていれば、必ずやりたいことが見えてきます。

年代別に実力を棚卸してアピールすることで、内定の確立をアップさせましょう!

短期期間での離職であったとしても、自分の実力を棚卸することで、採用される確率はアップします。
それも年代によってそのポイントが違うので、以下に見ていきましょう。

20代では潜在能力をアピールしましょう。

20代であれば受ける会社に年齢制限で引っかかることはほとんどありません。
それほど採用される可能性が高いのが20代です。

将来性もあるし、これから自社に採用されたあと、20代は会社として育てて行こうと教育プログラムを中途採用者であろうと用意している会社も多いです。
第二新卒などはいい例で、最低限のビジネスマナーがわかっていればあとは会社で育てて行こうという意識で採用している会社が第二新卒の採用を行っています。
若く将来性がある、ということで採用担当者も採用しやすいのが20代です。

30代では、周囲の人を巻き込んで仕事をしてきたかというところが問われる。

30代であれば、会社におけるルーチンワークはすぐにできて当然と見られます。最低限のPDCAは回せないといけません。
それ以上に、リーダーシップをもって周囲の人間を巻き込んで仕事をしてきたかどうかが問われます。
20代の転職希望者のように、将来性や潜在能力で採用するということは30代では難しいです。

30代であれば、大卒であれば実務経験は8年を超えています。
実力が問われます。
そのため、得意分野を持ち、業務を遂行していく必要性があります。
いま在籍している30代の社内で実務経験8年を超える人材を超える人材である必要があります。

社内縦断的なプロジェクトを率先して行うなど、自分自身の業務だけでなく周囲といかに仕事を進められるかどうかが問われます。
いかにその経験をアピールできるかで転職できるかどうかが決まります。

40代では、管理監督者の経験があるかどうか。

40代の転職希望者に問われるのは管理監督者としての能力があるかどうかです。
一般的な企業では40代は課長クラスまたは係長クラス地位にある場合が多いためです。

管理職経験者を狙った求人も40代向けでは多いです。
転職先もそれなりの地位と待遇で迎えたいと考えているのが40代の求人です。

もしも仮に管理監督者の経験がない場合は、年下の上司を持つ可能性があります。
コミュニケーション能力をアピールして、年下の上司の下でもやっていけるかどうか、それでもやりたい仕事なのかどうかを判断する必要があります。
仮にいまいる会社を1年程度で辞めてしまったとしても、以前勤めていた会社で管理監督者の経験があれば問題ありません。

管理職経験のある40代であれば、転職することは可能です。
企業が40代に求めているのは、社内縦断的なプロジェクトを推進できるかどうか、管理監督者として部下を管理できるかどうか。
それができないのであればこれまでの知識と経験を活かして年下の上司の下で業務をこなしていけるかどうか。
給与アップが最も期待できるのがこの40代での転職です。

仮に1年未満で辞めてしまったとしてもアピールの仕方次第では、自分を企業に高く売り込むことは可能です。

転職活動はできるだけ在職中に行いましょう。

もういますぐにでも辞めたいという気持ちは十分に理解できますが、転職活動は基本的に在職中に行うようにしましょう。
もしもメンタル疾患にかかりそうな場合は、辞めてから転職活動をしたほうがダメージが小さいので、どうしても現職で耐えきれない場合は、
早く退職することをおススメします。メンタル疾患にかかってしまうと、回復まで時間がかかってしまう可能性が高いからです。

退職してからの転職活動は時間が確保できるメリットはありますが、どうしても生活に必要な給与の支給がないため、焦って決めてしまいがちです。
焦って転職を決めた結果、また合わない会社で転職活動をするようでは本末転倒です。

生活の基礎である月給を確保しながら転職活動は行うようにしましょう。より冷静に転職先を見ることができます。

まとめ:転職活動は、冷静に行いましょう。

転職活動をするときは、必ず在職中に行うようにしましょう。
よりよい条件で転職できる可能性もあります。

メンタル疾患にかかってしまいそうなときは、退職後に転職活動を行うことを目指しましょう。
また年代別に転職に必要な条件は変わりますので、ご自身の年齢と能力を客観視しながら、転職活動を行うようにしましょう。
冷静に論理的に転職活動を行うことができれば、転職活動を成功させることができます。