このページの先頭です

転職理由が結婚なのは面接で不利になりやすい?おすすめの答え方は?

34views

投稿日:

転職理由に結婚なんていうと、面接に落とされちゃうんじゃないかな?なんて不安になっていませんか?
大丈夫、この記事を読むことで、あなたはその不安を解消することができるようになります。

面接で転職理由が結婚と伝えるのは不利になりやすい?

転職の面接は基本的には商取引です。
また転職希望者と求人している会社の関係は対等なので、結婚を理由に転職をしたい、という場合でも答え方によっては不利にはなりません。
大切なことは、転職したい会社と、転職希望者の間での利益が一致していることです。

結婚を理由に新しい職場を探す場合は、夫の転勤に合わせて退職したなど様々な経緯はあるとは予想されますが、転職先の会社にこう思われないことが大切です。

  • また家族などの家庭的なことを理由にして退職してしまうのではないか
  • 入社してすぐに妊娠や出産などで会社を退職されてしまうのではないか

勿論、妊娠や出産などはこれからの社会を担う子供を産み育てるというとても素晴らしいことであることは分かっています。
働き方改革で女性を積極的に登用せよということも言われており、セクハラに繋がるような質問に対して社会もよく思っていません。
そういった事情からも最近では女性の面接をする際には結婚や出産などについては聞かないという企業も増えてきました。

しかし、現実問題としては、いきなり仕事に来れなくなってしまったらどうしようという不安定なイメージがついてしまうことも確かです。
採用する側の人事としての不安は入社直後にいきなり妊娠が分かり、入社できないことや、業務につけないというところから来る不安も大きいです。

実際にあった具体例

とある塾で女性の臨時講師の方を採用したのですが、入社直前に妊娠が発覚してしまい、いきなり業務に穴が空いてしまうということがありました。
人事担当者は入社日を遅らせてもらうことで採用された方と折り合いをつけられましたが、講師不在のまま授業はできないため、他の講師の方に事業のコマを増やすことをお願いするなどし、人事担当者は非常に大変な苦労をしました。


試用期間が終わり本採用になった瞬間に妊娠が発覚して、休暇を取らなくなければならないという状況になってしまう例もあります。
初の女性社員を迎え入れた中小企業で、経理などの基幹業務をその女性の方にどんどんと移行していこうと考えている最中に起こったことで、女性社員が復帰するまでの間は、派遣社員を臨時雇用して業務を回していくことになり、育成計画も変更となってしまいました。

企業側の本音としては、「少なくとも3年程度は働いてもらい、その後に休暇をとってほしい」というところもあります。

昨今の社会情勢からはかなり逆方向の考え方ですが、余裕のない中小企業などではこれが現状です。
逆に大企業であれば妊娠や育児休暇の取得に関してはかなり柔軟な考え方をしている企業もあり、さきほど挙げた具体例のような事態も想定していますので、あまり気にせずに面接選考を受けても問題ないです。

人事部長などのような重要な役職についている社員が女性である会社も最近、大企業では増加しています。
そういった会社であれば男性が人事部長や課長を務める会社よりもグッと入社後も働きやすくなりますので、ぜひ、挑戦することをおススメいたします。

家族的な理由を退職理由にしてしまうのはどうしても避けようがない事態ですが、例えば夫が大企業に勤めており、3年に1度は転勤があるなど、どうしても会社を続けられないという事態に陥ってしまうような場合、そういった理由は答えないほうが賢明です。
結婚後もキャリアアップをしていきたいと伝えることが大切です。

余裕のない中小企業も、資本力のある余裕のある大企業も女性に対してここで問うていることは、根底は同じです。
結婚や出産などを経験した後の「キャリア」をどうしたいのか、ということが一番の関心ごとなのです。

結婚や出産を問題としているわけではありません。

まずは戦力化できるのかどうか、結婚出産などの女性特有のライフイベントの後、仕事をどうしたいのかということが最大の関心事です。
こういった質問が出たときは、感情的にならずに、冷静に答えるように努めてください。

面接は商取引です。この原則を忘れないでください。
転職者本人に人材としての魅力があれば、細かな条件は問題ないのです。

転職理由が結婚である方におすすめの答え方

1.長期的に働きたい気持ちを伝える

女性を採用する企業側は少しでも採用や育成にかかった費用を回収してから女性には産休や育休をとってほしい、という意識があります。
これが女性を正社員で採用する企業の最大の不安なのです。
ここの不安を解消するような答え方ができれば、グッと内定に近づきます。

具体的な例を挙げます。

結婚を理由に転職をしますが、今後は長く勤めるつもりであります。以前勤めていた仕事を続けたい気持ちは強くありましたが、結婚に伴う転居で職場に通えなくなってしまっただけで、今後は長く勤めたいと考えております。また、子供については具体的には○年後あたりを考えており、まだまだ仕事でキャリアアップをしたいという考え方を持っております。
よろしくお願いいたします。

今後は転居の予定もないので長く勤められるという部分と、出産についての具体的な時期を答えられています。
具体的に答えることで分かりやすい答え方になります。

2.家族に理解があることを伝える

仕事を続けていくことや、また、出産などのライフイベントがあったとしても、祖父や祖母などのサポートを受けることもできるため、残業も可能というように答えることで、面接官は安心感を持てます。
家族の理解やサポートがあるということは、それだけ仕事に打ち込める環境が整えられているとも受け取られます。

また、企業が女性を積極的に活用することは男性にはない柔軟性などにも期待が込められています。
急に子供が風邪で保育園を休まなくてはならないという事態が起こった時でも、もしも祖父や祖母が預かってくれるというような状態であれば、重要な仕事があったとしても何とか休まず会社に出勤することも可能ということもあります。

家族のサポートが受けられる人は、積極的にアピールするのも良いアピールです。

転職理由が結婚の方に対して面接官から聞かれやすい質問内容とは?

  • 結婚後の仕事について、どのように仕事をしていきたいか?仕事と家庭どちらを重視ていますか?
  • 出産等の後、復帰して仕事を続けていく意思はありますか?
  • 近くに祖父や祖母は住んでいらっしゃいますか?育児や家事に協力などはしていただけますか?

転職理由が結婚の場合どんな条件の会社を選ぶべき?

転職理由が結婚の場合、選ぶべき条件の会社は、年間休日数が多く残業が少ない会社です。
育児休暇の取得実績のある企業であるということも重要です。
また、有給休暇の取得状況なども確認しましょう。いまだに有給休暇の使いにくい企業というものも存在します。

具体的には完全週休二日制、年間休日は121日以上、残業時間は1日1時間以内の会社が最も良いです。
まず、土曜日出勤があるような会社は避けましょう。

平常の出勤日が土曜日にあるような会社であれば、割増がつかないので損ですし、土日休めないような会社は時代から取り残されています。
古い考え方が会社を支配している可能性が高いので、年間休日数が完全週休二日で、かつ、121日以上を目途にしましょう。

それを切ると完全に週に二日休みがないため、子供ができたときに苦労する可能性が高いです。
学校や保育園などは土日休みで運営されているため、年間休日数が少ない企業は避けるようにしましょう。

まとめ

面接は商取引であり、人材に魅力があれば結婚を転職理由にしても問題はありません。
しかしながら採用面接にあたっては、女性特有の育児休暇や出産など、仕事に穴をあけてしまうライフイベントもあるため、面接官の不安を払拭するために、前向きにかつ、しっかりと将来のビジョンとライフイベントについて伝えるようにしましょう。
結婚後に転職先を選ぶ際は、年間休日数が多く、残業の少ない会社を選ぶようにしましょう。